福島で酒をつくりたい 「磐城壽」復活の軌跡(平凡社)


東日本大震災の津波で蔵ごと流されながらも、

異郷の地で震災八か月後に酒造りを再開、

家族一丸となって酒を醸してきた鈴木酒造店。

その悲願は再び、故郷・浪江で酒を造ること。

蔵を仕切る鈴木大介・荘司兄弟を軸に、

銘酒「磐城壽」復活に懸ける家族の姿を描く。



酒は人と人を結びつける力水。

故郷へ帰る日がついにやってくる──。

販売価格 880円(税込968円)
購入数


【重要】 ご注文の本数、季節等により、当店で最善の配送方法を判断致します。

そのため、決済完了時の金額とは異なる場合がございます。
※例 クール便+216円、酒BOX 1本入れ+185円 等

発送手続き完了後にお送りする「発送手続き完了メール」にて、確定した総合計金額をお知らせいたします。